フランスの近代絵画

フランス絵画

フランス・パリが混沌とし妖しくも華やかで美しい時代が舞台。1900年にはパリ万博が開催。今やパリの景色に欠かせないエッフェル塔も当時の産物です。モンマルトルやモンパルナスには芸術家が集まり、カフェやビストロ、ブラッスリー、レストランなども芸術家たちの社交場の一つでした。

印象派

印象主義。光の変化や空気感など、一瞬の印象を捉えそれを再現しようとする画家たちの総称。19世紀後半、フランスから各地に広がった重要な近代芸術運動。既存の制度、美学に対抗し、1874年パリで第一回団体展を開いたモネらが中心。

クロード・モネ(1840~1926)、エドゥアール・マネ(1832~1883)、
ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)、エドガー・ドガ(1834~1917)、
カミーユ・ピサロ(1830~1903)、アルフレッド・シスレー(1839~1899)、
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864~1901、世紀末芸術)

ポスト印象派

後期印象主義:本来はセザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンに批評家フライが付けた呼称。通常は彼らに加え、印象主義以後、その運動を母胎としつつ乗り越える形で現れたスーラを始めとする世紀転換期の独立展系の画家全般を指す。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)、ポール・ゴーギャン(1848~1903)、
ポール・セザンヌ(1839~1906)

エコール・ド・パリ

20世紀前半、1920年代を中心に、世界の各地からパリにやってきた出身国も画風も様々な画家が、放浪生活の中で抒情性の強い作品を生み出して行った。エコール・ド・パリは「パリ派」の意味で、パリにやってきてボヘミアン的な生活をしていた画家たちを指している。1928年、パリの画廊で開催された「エコール・ド・パリ展」が語源。

アメディオ・モディリアーニ(1884~1920)、シャイム・スーティン(1894~1943)、
マルク・シャガール(1887~1985)、モーリス・ユトリロ(1883~1955)、
マリー・ローランサン(1883-1956)

谷町四丁目フランス料理店コションローズでは油絵、アクリル画などインテリアに絵画やアンティークの調度品などを用い、大人の方がフランス料理を楽しんで頂ける落ち着いた空間です。ディナーはおまかせでコースをご用意させて頂いております。お食事会や記念日デートにぜひご利用下さいませ。フランス料理を楽しみたいお客様のご予約をお待ちいたしております。

*谷町四丁目駅フランス料理のランチデート コションローズ 概要

谷町四丁目・フランス料理のランチデート コションローズ Cochon Rose
デートや記念日、少人数でのお食事に最適なフレンチレストラン Cochon Rose
レストラン コションローズでは、美味しいフランス料理のランチ・ランチコース・ディナーコースをご用意しております。
店名: フランス料理のランチデートはコションローズ Cochon Rose
住所: 〒540-0012 大阪市中央区谷町3-2-15 松本ビル1F
電話: 06-6943-1407
URL: http://www.cochon-rose.com/
ディナー: ディナーおまかせコース 5000円 ディナーはご予約制です。
ランチ: ランチおまかせコース 3500円 前日までのご予約お待ちしております。1200円のランチはご予約不要です。
フランス料理: 谷町四丁目のフランス料理店 コションローズ
営業時間: ランチ: 11:30~14:00(ラストオーダー)  ディナー:18:00~21:30(ラストオーダー)
定休日: 月曜日
所在地/国: 日本
所在地/県: 大阪府
所在地/市: 大阪市中央区
所在地/町: 谷町
最寄り駅: 谷町4丁目駅
路線: 地下鉄谷町線、中央線
トップページメニュー地図・アクセスシェフコラムギャラリーブログ

PAGE TOP